読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

掟上今日子の退職願

【ネタバレ注意】

f:id:kuronosuke00:20160118192523p:image
あらすじ


退職願を胸ポケットに忍ばせ、波止場警部は揺れていた。彼女の最後の事件は、池に浮かび上がった水死体。しかしその不可解さゆえ、名高い忘却探偵・掟上今日子と協力捜査することになり…。辞めたがりの刑事と仕事中毒の名探偵。奇妙なタッグが謎に挑む!


 




【ネタバレ注意】でお願いします。









第一話 掟上今日子のバラバラ死体

「仮説? 思いつき? とんでもありません。私がお見せしたいのは、真相です」

珍しくトリックが分かりました。分かる時はパッと分かるもんですねえ。分かってしまえばなんとあっけないことか。でも、この四話の中で一番ヒントが出てたような気もします。それにしても、一話一話が独立した短編ということもあり、どれも今日子さんがはっちゃけてますねえ。


第二話 掟上今日子の飛び降り死体

「あなた誰です? ここはどこです? ……私、もしかして始球式に呼ばれたのでしょうか?」

コレは分かりませんでした。飛び降り死体。飛び降り死体。この言葉に最後まで引っ張られてました。ああでもたしかに、それ以外ないのか。分からなかったのが悔しい。寝たら忘却するという特性を上手く使ってますねえ。


第三話 掟上今日子の絞殺死体

「ナイス・パス」

コレも分かりませんでした。というか、いつの間にか解決していたような。って、ホントに一度も起きずに解決してるんですねこの話。そりゃ警部も腹を立てるのも当然、というか適任ですねえ。


第四話 掟上今日子の水死体

「ふむ……、溺れてないけれど金槌……」

コレも分かりませんでした。そうかー、それが理由なのかー。ありえなくは、なくはなくはない……のか。やや強引だった気も。この話が一番言葉遊びをしていたような。ええ、大好物ですとも。単体では何とも思わないようなものでも、前後の文脈で、絶妙にくすぐってくれるところが特に好きですこのシリーズ。