読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年2月の読書メーターまとめ

2月のまとめです。

2月は新刊消化強化月間ということで、新しいのを読んでますできるだけ。

新人賞受賞作とか、新創刊したノベルゼロとか。

あんまり読めてないのは仕事が忙しくなってきたから。

だけど、3月はもっと忙しいぞ読めないぞ!

 

2016年2月の読書メーター
読んだ本の数:23冊
読んだページ数:7217ページ
ナイス数:168ナイス

ヴァルハラの晩ご飯 ~イノシシとドラゴンの串料理~ (電撃文庫)ヴァルハラの晩ご飯 ~イノシシとドラゴンの串料理~ (電撃文庫)感想
ロリババアは最高です。……おっと間違えた。ヤギの搾乳ならなんの問題もありませんね! ……あっこれでもなかった。毎日晩ご飯として食べられるイノシシが主人公なんだけど、これは良質のラブコメ。バトルもあったりするけど、ブリュンヒルデさまとのラブコメをもっと! もっと!!
読了日:2月28日 著者:三鏡一敏
ブックマートの金狼 (NOVEL0)ブックマートの金狼 (NOVEL0)感想
これぞまさしく杉井光といった感じ。ハードでボイルドな書店の店長。ヤクザも出るよ。
読了日:2月27日 著者:杉井光
無法の弁護人 法廷のペテン師 (NOVEL0)無法の弁護人 法廷のペテン師 (NOVEL0)感想
なんだこれクッソ面白いな。何が魅力かというと、「悪魔の弁護人」と呼ばれる阿武隈の反対尋問。話術によって次々と新事実を浮かび上がらせていく手腕が痛快。
読了日:2月21日 著者:師走トオル
ただ、それだけでよかったんです (電撃文庫)ただ、それだけでよかったんです (電撃文庫)感想
確かにこれは衝撃作。イジメという難しいテーマを選んでいることもあり、作者が描きたいものを描いたというのがわかる。世間の流行なぞなんのその。だが、その内容は人間力テストによる数値化という周囲の目を殊更に気にしたもの。最初のページから最後の方まで上手く情報が伏せられてて、だんだんとその構造が明らかになっていくから、グイグイと読ませる力がある。尖りまくってるけど大好きな作品です。
読了日:2月21日 著者:松村涼哉
皿の上の聖騎士〈パラディン〉1 ‐ A Tale of Armour ‐ (NOVEL0)皿の上の聖騎士〈パラディン〉1 ‐ A Tale of Armour ‐ (NOVEL0)感想
作者の持ち味はそのままに、内容はチョット硬派に。熱いバトル良し! 微妙な姉弟の関係良し! 霊獣の描写良し! ヒロインが爬虫類なんて最高ですね!? テンポ良く話が進んでいくので、サクサクと、主人公が、満身創痍に。この辺りも含めて、次巻が楽しみ。
読了日:2月21日 著者:三浦勇雄
小手鞠荘は末期です。3……詳しく。 (GA文庫)小手鞠荘は末期です。3……詳しく。 (GA文庫)
読了日:2月20日 著者:月島雅也
魔剣の軍師と虹の兵団(アルクス・レギオン) (4) (MF文庫J)魔剣の軍師と虹の兵団(アルクス・レギオン) (4) (MF文庫J)感想
まるでコントを読んでいるように感じた。これで最終巻だけど他に類をみないコメディ寄りの戦記モノとして最後まで楽しめた。
読了日:2月16日 著者:壱日千次
異世界ならニートが働くと思った? (2) 魔族の姫を従者にして姫ハーレムを作ります。 (MF文庫J)異世界ならニートが働くと思った? (2) 魔族の姫を従者にして姫ハーレムを作ります。 (MF文庫J)
読了日:2月14日 著者:刈野ミカタ
ようこそ実力至上主義の教室へ (3) (MF文庫J)ようこそ実力至上主義の教室へ (3) (MF文庫J)感想
ジャージはいいものです。
読了日:2月14日 著者:衣笠彰梧
クロックワーク・プラネット4 (講談社ラノベ文庫)クロックワーク・プラネット4 (講談社ラノベ文庫)感想
今回はハルターのオッサンや究極の設計者・ジョヴァンニが大活躍。ひゃっほう! ジジイ祭りだぜ!!
読了日:2月12日 著者:榎宮祐,暇奈椿
オレと彼女の萌えよペン (5) (ファンタジア文庫)オレと彼女の萌えよペン (5) (ファンタジア文庫)感想
そうそう。この作品に求めてたのはまさしくこういう展開。まるでマンガのようなハッピーエンド。最高でした。
読了日:2月11日 著者:村上凛
英雄都市のバカども (2) ~女神と漢たちの祭り~ (ファンタジア文庫)英雄都市のバカども (2) ~女神と漢たちの祭り~ (ファンタジア文庫)感想
おっぱい揉みたい! お腹が空いた! ああ、なんて人間の欲望を刺激してくれるんだろうか。web掲載などをまとめた短編集。でも、しっかりと続き物になっている。全体的に肌色が多かった。褌……。
読了日:2月10日 著者:アサウラ
いつか世界を救うために (2) -クオリディア・コード- (ファンタジア文庫)いつか世界を救うために (2) -クオリディア・コード- (ファンタジア文庫)感想
だれだお前は! 表紙の時点で誰!? 口絵を見ても誰!? 本文読んでも誰!? 神奈川編はストーカーばっかりかよ!
読了日:2月9日 著者:橘公司(Speakeasy)
小手鞠荘は末期です。2……詳しく。 (GA文庫)小手鞠荘は末期です。2……詳しく。 (GA文庫)
読了日:2月7日 著者:月島雅也
小手鞠荘は末期です。……詳しく。 (GA文庫)小手鞠荘は末期です。……詳しく。 (GA文庫)
読了日:2月7日 著者:月島雅也
帰宅戦争 帰りたいんだけど戦争起こしてもいい? (ファンタジア文庫)帰宅戦争 帰りたいんだけど戦争起こしてもいい? (ファンタジア文庫)感想
青春なんてクソくらえな帰宅部昇格を目指す面々が一番青春してた。色んな部活が出てきてそれぞれの特色を活かした戦い方をしてるんだけど、校舎内がどこぞの世紀末。深く考えてはいけないノリ重視な作品。
読了日:2月7日 著者:鬼火あられ
非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが…… (ファンタジア文庫)非オタの彼女が俺の持ってるエロゲに興味津々なんだが…… (ファンタジア文庫)感想
周りに可愛い娘がいっぱいで、彼女とデートしたりでずっといい目を見てる主人公はもっと酷い目に遭うべし。いや、でもこれがリア充なのか……。
読了日:2月6日 著者:滝沢慧
アサシンズプライド 暗殺教師と無能才女 (ファンタジア文庫)アサシンズプライド 暗殺教師と無能才女 (ファンタジア文庫)感想
これは面白かった。年の差とはいいものだ。何かと胸元を見せつけて行くタイプの制服。いや、太もももか。ヒロインと主人公の成長を描いていて、今後も楽しみな作品。
読了日:2月6日 著者:天城ケイ
100ゴールドショップ『ウサギ屋』 (ファミ通文庫)100ゴールドショップ『ウサギ屋』 (ファミ通文庫)感想
異世界で100均ショップ。商売2:冒険4:ラブコメ4、みたいな割合だった。今後はもっと商売の描写が増えてくれるとありがたい。もしくは! アスティアとの! ラブコメを! もっと!
読了日:2月6日 著者:猫之宮折紙
異世界スーパーマーケットを経営します ~召喚姫と店長代理~ (ファミ通文庫)異世界スーパーマーケットを経営します ~召喚姫と店長代理~ (ファミ通文庫)感想
現代日本の知識を持って異世界無双。それも商売の分野のスーパーマーケットに特化。新しい概念をもたらす展開というものは非常に好みなので、この話は大好物。
読了日:2月5日 著者:柏木サトシ
ブサイクですけど何か? 天才魔術師最大の欠点 (ファミ通文庫)ブサイクですけど何か? 天才魔術師最大の欠点 (ファミ通文庫)感想
見事な設定の勝利。いわゆるアニメやマンガやラノベなど主人公の設定はだいたいイケメンが多いよね平凡な見た目と描写されてる割にはなぜかハーレムな展開になったりするよね、といった世間の認識を逆手に取った主人公がブサイクという設定(ホントにイラストが一個もなかった)。そして、ヒロインに盲目という設定を加えることにより、凸凹な個性がカッチリとはまる感じが上手い。大好物。
読了日:2月4日 著者:黒峰シハル
じっと見つめる君は堕天使 (角川スニーカー文庫)じっと見つめる君は堕天使 (角川スニーカー文庫)感想
これは良かった。ジト目最高。ニート志望の天使見習いが降ってくるという、この手のタイプは大抵、終始コメディに徹するか、途中で感動路線を入れてくるかなんだけど、この作品はなかなか良い着地点だった。ところで、電子書籍版だと付録として、スニーカー大賞応募時のエピローグが読めるんだけど、これは改稿して正解だと思う。改稿してる方がより続きが読みたくなるようになってるので。
読了日:2月2日 著者:にゃお
うーちゃんの小箱 (角川スニーカー文庫)うーちゃんの小箱 (角川スニーカー文庫)感想
なんだかよくわからない不思議な作品だった。主人公が終始悩んでて、それが可愛らしいイラストと脳内妄想によるうーちゃんとの会話とが合わさって、なんだろうよくわからない。
読了日:2月2日 著者:和見俊樹

読書メーター