読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつか世界を救うために2 クオリディア・コード

【ネタバレ注意】

 f:id:kuronosuke00:20160209200121p:image

あらすじ

 

暗殺対象である神奈川序列第一位・天河舞姫の突然の来訪。二人っきりになる絶好の機会であるにもかかわらず、動揺する紫乃宮晶。ストーキングの証拠満載の舞姫グッズで埋め尽くされた部屋を隠し通せるのか―。さらには四天王入りを果たしたことで、「神奈川伝統の寝起きドッキリでね!」今度は逆に舞姫たちからストーキングを受けることに!?そして明らかになる衝撃の事実―「シノって…女の子だったの?」「そうだが」新世代ボーイ改めガール・ストーキング・ガール!!

 

 

【ネタバレ注意】でお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「わかりやすくいこう。シノが勝ったら、私の首をあげる。でももし私が勝ったらーーシノをもらうよ」

 

 

だれだお前は! 表紙の時点で誰!? 口絵を見ても誰!? 本文読んでも誰!?

神奈川編はストーカーばっかりかよ!

この巻でとりあえず、神奈川編は一旦終わりで、続きはアニメを待て、みたいな感じですねあとがきを読むと。なるほどだからまだ巻数出てないのにアニメ化発表したのか。

まあ、それは置いときまして。立場が反転する、というものは良いものです。反転というと言い過ぎかもしれませんが、1巻の時点ではシノが舞姫をストーキングする、というのがメインだったんですが。その思惑は別として。え? バトルもあった? いやいや、あんなのはオマケみたいなものです。そもそもこの話のボス的存在の狙いもゲフンゲフン。どう考えてもメインテーマです分かります。で、今巻の話。舞姫がシノをストーキングする、という立場が入れ替わる展開。その思惑は別として。やっぱり良いです。構成が上手いのかなんなのか。面白いのは全力でかつ大真面目に取り組んでるからなんでしょうね。で、ギャグからシリアスへのスムーズな移行よ。最高でした。

ところで、性別の件ですが、1巻を読んだ時点では全く気づきませんでした。あれは気づく方がおかしい、と想います。