読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Fate/Apocrypha 5 「邪竜と聖女」

【ネタバレ注意】

f:id:kuronosuke00:20160110221155j:image
 

 

 
あらすじ
 
『虚栄の空中庭園』にて、遂に〝黒〟のサーヴァントと〝赤〟のサーヴァントが激突した。夢に手を伸ばしながら、次々と散っていく一騎当千の英雄たち。一方、〝赤〟のマスターである天草四郎時貞は遂に人類救済の夢に手をかけていた。第三魔法「天の杯」による魂の物質化。即ち、全人類の不老不死化。ルーラー、ジャンヌ・ダルクはその願いの正しさに迷いながらも、旗を手に立ち向かう。誰が正しく、誰が間違っているのか。善も悪もなく、秩序も混沌もなく。互いの譲れぬ想いが交錯したとき、 焔は再び聖女を包んだ。受け継いだものはなく。託されたものもなく。けれど、そこには確かに生まれたものがあった。天草四郎時貞が捨てたものを最後の武器として、ジークは最後の戦いに挑む――!外典の聖杯戦争ついに完結!
 
【ネタバレ注意】でお願いします。
 
 
 
「ーー私は、貴方に恋をしています」
 
ああ、終わってしまった。
 
思ってた通り、密度の濃いこと濃いこと。残ったサーヴァント達が次々と戦っては散って戦っては散ってゆくので、なんとも息つく暇もないことに。
 
でもやっぱり、一番はラストバトル。最後の敵である天草四郎時貞に立ち向かうジーク君がジークフリートフランケンシュタインの力を借りて戦っていくというのは、何と言うか上手い。
 
濃密に描かれていたアポクリファの世界も読み終わると満足感とともに虚無感がやってきます。聖杯戦争の常として終わりが来ればサーヴァントはいなくなる。寂しくなるなあと思っていたら……黒ライダーがいましたねえニヤニヤ。